スポンサードリンク

多機能カレンダー
↓クリックが更新の励みになります(^^♪

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター

カウント開始 2006.02.06.MON.

保育士になりたい!
ホームページ版はこちら♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

るるる

  • Author:るるる
  • 元男性保育士(現・小学校教諭)の保育日記です。
    皆様どうかよろしくお願いします。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実習生お別れ会

今日は実習生さんとのお別れ会がありました。

実習生さんから一言の後、実習生さんと私とでパネルシアター上映。

大成功!とはいきませんでしたが、初挑戦&練習不足の中では上出来でした。

そして自由時間に描いた自由画をプレゼントし、

「手のひらを太陽に」 をみんなで踊って終了。



16:15から反省会がありましたが、実習態度・積極性ともに◎との事でした。

ただ実習日誌の書き方についてはもう少し勉強していきましょう!との事でした。

確かに実習日誌を書くのは大変だよね・・・。 (^_^;)



他にも「食育(どこまで食べさせるか)」や「ケンカの仲裁」などについて質問があったので私なりに答えさせていただきました。

ちなみに私の考えは以下の通りです。

●給食において嫌いな物をどこまで食べさせるか
⇒乳児の場合、無理強いはしないが、一口でも食べたら大いに誉める。
 幼児の場合、個々にもよるが、頑張って食べられるよう言葉がけや対応を工夫する。
 ただし、保育園が給食が嫌いになるほど強制はしない。

●ケンカの仲裁について
⇒基本的にはケンカを意図的に傍観する。また無理に仲裁もしない。
 ただし感情が高ぶり、危険が予測される場合は、保育士が割って入る。
 命や危険に関わること、人としてしてはいけないこと、などについてはかなり厳しく叱る。
 それ以外の場合は個々や状況にもよるが、無理に犯人探しをしたり、ケンカ両成敗をしたり、無理矢理仲直りさせたりしない。
 「痛かったね」「嫌だったね」などと軽く受け止め、「さ!遊びに行こっか!」と気分を転換させる。


もちろん、これが正解というわけではありません。

とりあえず現時点での私の考えであり、これからの保育の中で、よりよ
い保育・対応を探求していくつもりです。



実習生さんのおかげで私まで初心に戻り、勉強することができました。

ありがとうございました。そして2週間お疲れ様でした。

また遊びに来てくださいね! (^^♪

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。