スポンサードリンク

多機能カレンダー
↓クリックが更新の励みになります(^^♪

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター

カウント開始 2006.02.06.MON.

保育士になりたい!
ホームページ版はこちら♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

るるる

  • Author:るるる
  • 元男性保育士(現・小学校教諭)の保育日記です。
    皆様どうかよろしくお願いします。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少子化対策の決め手

「新米コンサルタントの起業日記」さんのページを拝見させていただきました。

そこで↓下記のような文面があり、あぁ~なるほどな、思った事があります。
------------------------------------------------
>どうして少子化対策がうまくいかないのか?
>個人的な意見ですが、
>今の対策は「子どもの数を増やす」政策ではなく、
>「働く女性を応援する」という
>政策となっているからだと思います。
   (「新米コンサルタントの起業日記」さんのページより引用)
------------------------------------------------

これが善悪どうこういうわけではなく、

私の個人的な考えも、一般的には

「働きやすい環境整備」≠「出生数増加」

なのではないかと思います。

また「金銭的補助」≠「出生数増加」

なのではないかとも思います。


休みがとりにくい・お金がかかるから、子どもは産めない(産みたくない)
などという話は聞きますが、

休みがとりやすい・お金がかからないから、子どもを産みたい
という思いにはあまりならないのでは…?と思います。
(大学まで教育・医療費無料、出産金として1千万円などという話は例外として…)

これは男女(夫婦)の価値観(やりがい・優先順位など)や
環境(核家族化など)の変化
によるものなのではないでしょうか?


共働きでないと金銭的にやっていけないという話もわかりますが、

やはり家庭で(一人で)子どもとほぼ24時間、毎日関わり続けることはかなり大変だと思います。

仕事に出て他の人と関わったり、リフレッシュしたりしたい!とも思うかもしれません。
(もちろんそんな理由ではなく仕事は一生懸命やっている、という方もおられるでしょう)


少子化対策の決め手、それは…

働きやすい環境や金銭的補助ももちろんですが、

子育てって大変だけどその分楽しい!

といった子育ての楽しさをもっともっと伝えてあげる事なのではないでしょうか。

そして、その役割は保育のプロである、私達保育士にあるのではないでしょうか…。

(いろいろなご家庭があるので状況を見極めてですが…)

結婚も子育てもしていない半人前の者が偉そうな事を口走ってすみません。

よろしければ皆様のご意見・ご感想もお聞かせください。

コメント

Secret

TO-ルさん、コメントありがとうございます。
ブログを拝見させていただいたら昨日あたりから新しい保育所に向かわれたとの事。
頑張ってくださいね~!
かげながら応援してます!
俺も頑張らなくっちゃ!
ではでは!

はじめまして、TO-ルといいます!
私は将来保育士又は、幼稚園教諭になりたくて、夜間短大に通っています!
私もるるるさんの考えに共感します!!
確かに家庭と仕事をどちらもあきらめない
ようにするのは大事です!
でもその前に子育てのことをもっと色々な
方に解っていただくことが、大事ですよね!
その役目をできるような保育士になりたいたいです!!
では失礼しました!

アロヒーです!
返信が遅れてしまいました
(↑いや、遅れすぎだろ…)
すみませーん。
コメントありがとうございました~。
がんばりま~す!

アロヒー!
るるるさんの意見に共感しました。少子化問題の核心を突いていて感心しました。
オレは子育てしたいけどねー
子育ての楽しさを広めてくれー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。