スポンサードリンク

多機能カレンダー
↓クリックが更新の励みになります(^^♪

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター

カウント開始 2006.02.06.MON.

保育士になりたい!
ホームページ版はこちら♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

るるる

  • Author:るるる
  • 元男性保育士(現・小学校教諭)の保育日記です。
    皆様どうかよろしくお願いします。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育士の時給(現実考察編)

先日の記事で保育士の時給(正規労働時間編)を述べました。


しかし、実際には、定時に来て、定時に帰るなんてことは滅多にありません。


そこで保育士の時給(現実編)について考えてみます。

なお、勤務時間などは一例です。


<早番の日:7:15~16:00>

7:30開園なので、朝は、7:15ぎりぎりの出勤でも大丈夫でした。

しかし、16時はちょうど降園時間(バスの時間)にあたるので、なかなか帰れません。

しかも、けがや病気などがあった子の保護者への電話連絡や事務などいろいろあり、

17時や18時までいることもあります。

なお、昼休みは45分もらえることになっていますが、実質15分あればいい方です。


<通常勤務の日:8:30~17:15>

おおよそどの企業でもそうかもしれませんが、勤務開始の15分前には現場到着です。

帰る自国は18時や19時。昼休みは早番同様15分あればいい方です。


<遅番勤務の日:10:15~19:00>

10:15に来ても朝の活動が既に始まっているので、実際には9時過ぎに出勤します。


<その他>

発表会などの行事前には、土日を使って衣装をつくったり、アイデアを練ったりします。

年長担任は、卒園前に保育所児童保育要録を書き上げる仕事があるので

これもかなりの時間を要します。




以上をまとめると・・・保育士の時給(現実編)は・・・



明日公開!

(ひっぱってすみません!)

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。