スポンサードリンク

多機能カレンダー
↓クリックが更新の励みになります(^^♪

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター

カウント開始 2006.02.06.MON.

保育士になりたい!
ホームページ版はこちら♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

るるる

  • Author:るるる
  • 元男性保育士(現・小学校教諭)の保育日記です。
    皆様どうかよろしくお願いします。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久保田カヨ子先生の子育て +α

先日、エチカの鏡という番組で

久保田カヨ子先生の子育て

を特集していた。

大変興味深く、面白い内容であった。

いつになるかわからないが、将来子どもを授かった時の為にメモしておくこととしよう。

 久保田カヨ子先生の子育て7箇条 「エチカの鏡」より はこちら

 久保田カヨ子先生の子育て新7箇条 「エチカの鏡」より はこちら





1.「0」の感覚を覚えさせる
風呂に入っている時、通常は1から10まで数えながらお湯につかるものですが、
久保田カヨコさんは、逆に10からカウントダウンさせ、0の感覚を覚えさせていました。
数学的なセンスは、0の感覚を入れることが大事だということです。


2.子供との約束を守る
お客が来た時でも、30分だけ1人で遊んでおいてと約束し、
お客が来ている時でも、子供との約束を守るためにお客をそっちのけで遊んであげました。
要は約束を子供を守らせるために、自分も子供との約束を守ってあげないといけないということです。


3.家の中の時計はアナログ時計に統一する
時計の針の位置と自分の行動を関連つけて覚える。
お風呂のときの針の位置、ご飯のときの位置といった用にする
身に周りの出来事と時計を関連づけることにより、
記憶力と理解力を増すことができる。

4.タオルをたたむ時は4つ折りよりも3つ折の練習をする
3つ折りというのは、だいたいの目分量が必要なので、
およそというのは物をよく見るということにつながるということです。

5.楽しい目標を決め、集中力をつける
片づけを何分までにしたら楽しいことができるといえば
子供は集中して片付けを始める。
時間が集中力をつけてくれるとのこと。

6.一歩進んだ遊び方
例:まず丸や三角や四角などの色々な形や色も異なるおもちゃを用意します。
この遊び方は片付ける際にもできる遊び方で、同じ形、または色のおもちゃを持ってきてもらいます。
子供は、見たものを一時的に記憶してそれと同じものを見つけますので、この遊びを行うことで記憶力を養うトレーニングを行うことができます。
同じ見るといっても、ぼんやり見るとの注意深く見るのとではぜんぜん違い、注意深く見ることでたくさんの物の中から分類し整理する能力が養われます。
さらに赤、青、黄の3原色が見分けられるお子さんの場合には、似たような色である、赤とピンク、青と水色、黄とオレンジというように、分類させましょう。
今回の遊び方により、色と形を見分ける力を養い、分類や整理能力をアップさせることができるというわけです。

7.子どもに情熱と愛情を持って関わる
何よりもこれが大切!




久保田カヨ子さん(または旦那さんであり、大脳連合野研究の第一人者でもある久保田競さん)の本

    

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。