スポンサードリンク

多機能カレンダー
↓クリックが更新の励みになります(^^♪

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター

カウント開始 2006.02.06.MON.

保育士になりたい!
ホームページ版はこちら♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

るるる

  • Author:るるる
  • 元男性保育士(現・小学校教諭)の保育日記です。
    皆様どうかよろしくお願いします。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続:久保田カヨ子先生の子育て7箇条 「エチカの鏡」より

先日、エチカの鏡という番組で

久保田カヨ子先生の子育て7箇条

を特集していた。

0歳からの子育て7箇条ということで大変興味深く、面白い内容であった。

いつになるかわからないが、将来子どもを授かった時の為にメモしておくこととしよう。

 久保田カヨ子先生の子育て7箇条 第一弾はこちら




1.親がストップと言ったら、行動を止める訓練をする
 これは(No Go)行動といい、前頭連合野を鍛えることにより、
 危険への対処をうまくできるようにするための訓練です。


2.ガラガラはゆっくり使う。
 赤ちゃんは遠視で、早い動きを追えないので
 遠くからガラガラを目の近くに寄せて、視点が
 ガラガラに止まれば静かにゆっくり動かしてあげる事です。
 それに合わせて赤ちゃんの目が動けば、前頭連合野が
 鍛えられています。


3.生後1~2ヶ月のうちにストローの飲み方を教える。
 赤ちゃんの「吸う」という反射がなくならないうちに覚える
 ことにより舌や唇の動きがよくなり、呼吸法や発音などの
 上達に繋がるのです。


4.話すときは視線を合わせ、言葉と表情で伝える。
 赤ちゃんは6ヶ月経つと母親の機嫌など分かるようになります。


5.できるだけ色んなにおいを嗅がせる。
 0歳でもにおいを感じる脳の昨日はすでに働いています。
 においの感覚は感情の変化を伴い、記憶が脳に残ります。
 そのために多くのにおいを経験させるのです。


6.とにかく紙をうすく破らせる。
  指1本1本を器用に動かすことで、指先が器用になる。


7.テレビをどんどん見せる。
 立派な教材になるが、見せたままになるとよくない。
 子供が強い関心を示した場面を何度も見せて、
 体を使って真似をさせることで、脳細胞が活発化する。  
 ただし1時間テレビをみたら15分休憩をするのが好ましい。




久保田カヨ子さん(または旦那さんであり、大脳連合野研究の第一人者でもある久保田競さん)の本

    

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。