スポンサードリンク

多機能カレンダー
↓クリックが更新の励みになります(^^♪

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター

カウント開始 2006.02.06.MON.

保育士になりたい!
ホームページ版はこちら♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

るるる

  • Author:るるる
  • 元男性保育士(現・小学校教諭)の保育日記です。
    皆様どうかよろしくお願いします。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久保田カヨ子先生の子育て7箇条 「エチカの鏡」より

先日、エチカの鏡という番組で

久保田カヨ子先生の子育て7箇条

を特集していた。

0歳からの子育て7箇条ということで大変興味深く、面白い内容であった。

いつになるかわからないが、将来子どもを授かった時の為にメモしておくこととしよう。




1.必ず声をかけながらオムツを替えてあげる。
 赤ちゃんは話す事はできないが聞く事はできる
 言葉の脳の部分ははたらいている

2.いないいないばぁ!は一日5回以上すること。
 子供の脳を鍛えるのに非常にいい。
 視線を集中し物事を期待して待つという行動は前頭連合野の訓練に最も適している。
 何回もやることが重要。飽きてきたらフェイントなどを入れてみる。

3.なるべくおんぶして子育てすること。
 平衡感覚を養うため。この頃の発達具合で成長後の運動能力に個人差がうまれる。


4.箸や鉛筆などはいきなり持たせず、まず正しく使っているのを同じ向きで何度も見せる
 正しい使い方を見ることが道具を持ったときに正しく使う事に繋がる。
 重要なのは必ず子供を膝にのせたり、子供の後ろから手を回して教えること。
 向かい合わせだと逆手に見えるため。


5.幼児語を使わないこと。
 例:「犬」のことを「わんわん」と言わない。
 二度覚えさせるようなムダなことをしない。

6.子供にカラフルな服を着せること。
 色彩センスを磨くため

7.どっちにする?と選ぶ経験をさせること。
 決断は 前頭連合野お最も重要な働きの一つ




久保田カヨ子さん(または旦那さんであり、大脳連合野研究の第一人者でもある久保田競さん)の本

    

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。